File027. レトロな雰囲気の着こなし!「ぜひ挑戦してみてください」

Share Button

アンティークの夏着物、袴に合わせたカンカン帽、周りの景色とあいまってなんとも素敵な一枚が私たちの手元に届きました…♡ 

今回の素敵な着物男子は、こんな素晴らしい写真をご寄稿くださった藤さんです!
撮影場所は京都の南禅寺そば、蹴上のインクライン。藤さんお気に入りの場所なのだとか。

関西にお住いの藤さんが「着物でおでかけ」するのにおすすめするのは、やはり京都。

特に蹴上から銀閣寺へ向かうコースは、桜と紅葉だけでなく四季折々の風景も楽しめるそうです。 そしてその際には、京都の主要な駅や観光案内所に置いてある「きものパスポート」をもらっておくのが良いですよ!とのこと。

和装で行くと特典のあるお店やスポット、着崩れを直せる場所が紹介されていて便利だそう。着崩れを直してもらえるところがあるのは心強いですね。

さらにお聞きしました。藤さんが和装で一番遠くに出かけたのは、金沢への一泊旅行。
いいですね〜!京都で着物もうっとりですが、金沢で着物も同じぐらいうっとりです!

下着と襦袢の替えだけを持っての旅行だったそうですが、遠出をする際のポイントは 「きっちり着ることと、忘れ物をしないこと」と藤さん。「ホテルや百貨店みたいにきれいなトイレがある場所を知っておくと色々便利かもしれません」。これは男性にも女性にも参考になるアドバイスです。

藤さんのお写真を見ていると、「あの風景に立って着物姿の写真を撮ってみたいなあ」なんていうおでかけアイデアが浮かんできそう。

着物でお出かけした際には、ぜひ写真を撮って、着物男子.jpに送ってください。
全国各地の素敵な風景のなかで微笑む着物男子、そう私たちはあなたの着物スナップをお待ちしています

hujisan_2

最初の写真は藤さんが小さくならないようにトリミングさせていただきましたが、ほら!
送っていただいた写真こんな素敵な風景なんです〜!わたしたちも同じ場所で写真を撮りたい!

Share Button
お名前 藤さん
着物の入手先 リサイクルショップ
参考サイトや書籍
着物デビューしたい男性に一言! 男物の着物は習わなくてもネットで着方を調べて試行錯誤すれば意外と簡単に着られますし、いきなり呉服屋や百貨店に行かずに古着屋やリサイクルショップや骨董市で探せば1万円程度から始められますので、ぜひ挑戦してみてください。
今回のスポット 蹴上インクライン(京都)

Comments are closed.